金欠の時にできる究極の激安スキンケアでつるすべ肌に

一人暮らしを初めてまもない頃、

引っ越しや家具など出費が多く新人としての飲み会など交際費も多く、とにかく貧乏でした。

仕事の疲れでお肌もなんだか元気がなくてでも高級なものは買えない。

何とかまかなえる範囲でスキンケアできないかなと思っていた時。

ふとテレビでやっていたスキンケア方法を見てこれだ!と思い試してみました。

その方法とは「卵白のパック」「はちみつヨーグルトパック」の2つです。

卵、はちみつ、ヨーグルトくらいなら500円程あれば買えるので早速試してみた。

最初は卵白パック。

卵の卵白のみを取り出して顔に塗りしばらく時間をおくと顔が引き締まる。

びっくりするくらい顔がきゅっとして洗いながした時に顔が引き締まったのを感じました。

次の日ははちみつとヨーグルトパック。

ヨーグルトは1日置いて上づみ液だけを使いはちみつとまぜて

顔に塗りサランラップで抑えて10分ほど置くと普段使っていた保湿液より

全然効果がありました。

このパックを交代に使い2か月。

肌の色が1トーン白くなりつるつるになりました。

仕事にもやる気が出てきて一石二鳥でした。

シミを薄くするのに今までで一番効果があったもの。

30代になり、小さいそばかすやシミが気になりだしました。

普段からビタミン剤やチョコラBBを飲んだり、

ケアはしていましたが目に見える効果はありませんでした。

そこで即効性があり目に見える効果があるものを試したいと色々検索して購入し、

試した中で一番効果があったものをご紹介したいと思います。

私が試した中で絶大な効果があったものは「ハイドロロキノンクリーム」です。

日本ではまだあまり浸透していない名前ですがアメリカなど

紫外線の強い国では普段から取り入れられているクリームです。

強いクリームの為、最初は2%の濃度を購入してみました。

ビタミン剤と併用して2週間で効果が出ました。

一番気になっていたほほのシミが気にならないくらい薄くなりました。

寝る前に薄く塗り普段は紫外線を浴びないように下地や日焼け止めを塗っていました。

効果がうれしくて次は4%を購入してみました。

その時はビタミン剤とは併用せずにハイドロキノンクリームでシミ撲滅!

と気になる箇所に毎日塗ってケアしていきました。

1か月たつころにはくすんでいた顔の色が明るくなり、

明らかにクリームを使う前とは違う顔色になっていました。

強いクリームなので使用時は注意が必要ですが即効性があるので

夏前に対策したい方にはぜひおすすめです。

巷に人気の商品でも、肌に合わないものがあります

私は特に敏感肌ではないのですが、巷で人気の商品でも肌に合わないものがあります。

オラクルはオーガニックで肌に優しいのが売りだそうですが、

私はオラクルの化粧水を付けた瞬間、顔が火照ってヒリヒリと痛くなり、

顔が真っ赤になってしまいました。

すぐに水で洗い流して敏感肌用化粧水をつけたのですが、数日は赤みが消えませんでした。

他にも、エステサロンで強くおすすめされたトマトを使ったオーガニック美容液も

合いませんでした。

a60a0490e19d0ed78fed16c05adc0ffd_s

 

香りもトマトそのもので、野菜を使っているので肌に優しいと聞いていたのですが、

つけたとたんに顔が真っ赤になり、ひどいかゆみに襲われました、

それから2週間ほどはかゆみが治まらず、夜中に顔をかいてリンパ液が出てしまい、

皮膚科でステロイドをもらうレベルでした。

たとえ口コミが良くても、たくさん売れていても、

自分の肌に合うかは使ってみないと分かりません。

それ以降は、必ずパッチテストをしてから顔に使うようにしています。

決して侮れない、1品5役のオールインワンジェル

今まで、いろんなスキンケア商品を試してきました。

結婚前に自分のお金を自由に使えた時期は、化粧水から高価なクリームまで、

随分化粧品にお金をかけたこともありますが、

結婚してからというものスキンケア商品は私にとって贅沢品。

どうやって節約しながら最低限のスキンケアが出来るのかが問題でした。

でも、時代は変わりました。

今はオールインワンジェルという、すごい味方がいるんです。

初めはオールインワンジェルなんて、絶対物足りないと思っていたんですが…。

これまで、いくつかのオールインワンジェルを使ってみました。

確かに、浸透力が少ないものやベタつきが気になるものなど、いろいろありました。

ネット通販で取り寄せるものも使いましたが、

今はカネボウのフレッシェル「アクアモイスチャージェル」に落ち着いています。

お風呂に入り湯船に浸かりながら、ホットタオルで顔全体を覆って肌を温め、

ゆっくりと保湿します。

その後お風呂を出たらすぐにジェルを顔全体にのばして掌でおさえます。

スキンケアはこれだけ。

40歳を過ぎましたが、これだけで翌朝の肌は柔らかく、乾燥もなく、

ファンデーションがよくなじみます。

とにかく、スキンケアにはお金も時間もかけられない、

そういう主婦にとっては最強の味方だと実感してます。

私自身に合った洗顔方法と保湿のスキンケア

私は敏感肌なので、少しでも肌に合わないと、肌が赤みを帯びてきたり、

荒れてきてしまいます。

高級なスキンケアグッズは使わないできたのですが、

最近親戚のいとこが有名なスキンケアの石けんの会社に就職して、

その石けんを私にプレゼントしてくれました。

2度洗顔すると,お化粧も落ちるという事だったのですが2度丁寧に泡立てて使うと、

肌の水分を吸収しすぎてしまうのか、肌がかんそうするようになってしまいました。

でもせっかく親しみのあるいとこから頂いた石けんを使わない訳にもいかず,

考えたのですが,結局石けんの使い方を変えるという考えに至りました。

泡をクリーム状になるまで泡立てずに、普通の手を洗うときの石けんの要領で泡立てて

2回洗顔してお化粧を落とす事にしました。

そして、ほとんど水に近い化粧水で保湿してると,もちもちしたちょうどいい肌の状態で

快適に過ごす事ができるようになりました。

化粧水は、敏感肌用の物でも私に合わない物も多く、

最終的には水に近いグリセリンの入ったシンプルな物を使っているのですが、

今は朝メイクするときでも快適な状態の肌でお化粧ができています。

シンプルな方法が私の肌には合ってるようでした。

紫外線を浴びてしまった後のシミ予防方法について

ほとんどの女性が、毎日日焼け止めやファンデーションを塗って肌に

直接紫外線を浴びないようケアしていると思います。

私ももちろんその中の一人ですが、時々、今日は日焼けしちゃったかも、

と思うことがあります、思いのほか紫外線が強かったり、

汗などで日焼け止めやファンデーションが取れてしまったりした時です。

紫外線

外出中、こまめに塗り直せればいいのですが、

いろいろ忙しくしてるとそこまで丁寧にやってられません。

そんな時は、夜のスキンケアを化粧水や乳液ではなく「馬油」を使用しています。

ご存じの方も多いと思いますが、馬油はシミを予防してくれる効果があるんです。

肌の奥まで浸透し、血液の循環を良くし、新陳代謝を促してくれます。

新陳代謝が良くなると、肌の内部にあったメラニンが体の外に排出される、

というわけです。

新陳代謝が良くなるので、肌のターンオーバーが早まり出来てしまったシミも

徐々に薄くしてくれます。

嬉しいですね。

母に馬油を紹介したら、数ヶ月後、シミがちょっとだけ薄くなったと喜んでいました。

私の顔にあるシミはというと、馬油を使用するのは毎日ではないせいか、

存在感バッチリな感じです。

どうしても顔のベタベタ感が気になるのでなかなか毎日はつけられないでいます。

でも、肌の奥にひそんでいるシミが顔を出す前に、馬油で消してしまわないと、

とも思っています。

ハンドクリームで全身の保湿ケアをしています

オフィスの冷暖房が強いせいか、最近は顔だけではなく身体の乾燥も気になってきました。

デスクに座っているだけで手がカサカサしてきますし、

お風呂上りはうでやすねが粉をふいたように乾燥してしまいます。

普段はボディー用の化粧水やボディーローションをつけていたのですが、

最近は本当に乾燥がひどいので、ハンドクリームを使うことにしました。

ハンドクリームが化粧水より保湿力があるのは当然ですが、

はボディーローションに比べてもかなり保湿力が高いです。

ローションは伸びが良い分、さらっとしすぎていて乾燥した肌には足りません。

ハンドクリームならこっくりとしたクリーム状なので肌に留まる時間が長く、

保湿効果が高いです。

できれば尿素入りの薬用ハンドクリームがおすすめです。

ひじとひざには特に入念に塗り込み、その上から綿の靴下を履くようにしています。

これを実践して寝るようにしてから、かかとのひび割れがなくなって、

ストッキングやタイツが破れなくなりました。

しばらくはハンドクリームを買い込んでケアしたいと思います。

まつげ用の育毛剤でおすすめの商品について

私は10年以上まつげ美容液を使っています。

最初の頃はまつげ美容液ジプシーだったのですが、

最近はだいぶ購入する商品が固定されるようになりました。

一番のお気に入りは、キャンメイクのまつげ美容液です。

キャンメイクというと中学生が使うようなプチプラブランドですので、

安かろう悪かろうなイメージがあると思います。

しかしこの美容液は、とてつもなく安いのに、ものすごく効果があるんです。

他の美容液が1500~3500円くらいするのに対して、この商品はたったの500円で購入できます。

容量もさほど変わらず、とてもコストパフォーマンスが良いです。

また、塗る部分がふわふわと柔らかいチップになっているのもお気に入りポイントです。

ブラシタイプだと目に入ったりまぶたに当たったりして痛いことがあるのですが、

このチップはそれがないのでまつげの生え際まで塗ることができます。

また、液がたっぷり取れるので、塗りやすいです。

育毛効果もばつぐんで、これを使い始めてからかなりまつげが元気になりました。

最近知った商品なのでまだ2本目ですが、これからもリピートしていくこと間違いなしです。

男性といえども肌の手入れが必要なこの頃です。

すこし前までは男性が肌のことを気にしてスキンケアをするなんてことは、

一般的にはなかったですが、最近ではスーパーの男性用化粧品コーナーや

ロフトや東急ハンズなんかでも男性専用のスキンケア商品のコーナーが設置されています。

商品も手ごろな価格帯のものから、女性用スキンケア顔負けの値段のものまでたくさんあります。

ですが、もともとスキンケアにお金をかける習慣がなかったので、

いきなり高価な化粧水や乳液を使うのもなかなか手がでないです。

ということで、自分はハンドクリームを使っています。

熱めのお湯で石鹸を泡立てて顔をよく洗い、石鹸をよく洗い流します。

余分な脂が落ちさっぱりしたところに、まずは安価な化粧水で保水をします。

この時に顔によくなじむように手で顔をよく押さえます。

顔に化粧水がしみ込んだなと感じたら、つぎにこれも安価なハンドクリームを

まずは手に塗って、そのハンドクリームが付いた手で顔をまんべんなく押さえて、

化粧水で補った水分が蒸発しないように押さえます。

つまり乳液のかわりにします。

これをするだけで翌朝起きたら、結構肌にハリがでいます。

これからもコスパがよいスキンケアを続けていきたいとおもってます

10代のニキビは意外なことで解決できました

ニキビのこと悩んでしまう時期ってありますよね?私は、中学生の時、

ニキビのことをすごく悩んだ時期がありました。

年頃の女の子…早くニキビがなくなってほしくてお小遣いでニキビに効く

洗顔フォームを買いに行きいろいろ試して対策してきました。

だけど、まったくと言って良いほどニキビはなくなることがなかったのです。

そんな時、いつものように洗顔フォームで顔を洗おうとすると、

なんと洗顔フォームが空っぽだったのです。

これはヤバいと思ったのですが、顔を洗わないのはいけないと思い仕方なく、

いつも体を洗ってる固形石鹸で洗顔したのです。

しかし、さっぱり感がすごく癖になりその後も固形石鹸で洗い続けました。

その結果、数日で嘘のようにニキビがすべて消えていったのです。

今思うと中学生の私は油たっぷりなお肌だったから効いたのかと思っています。

人それぞれ肌質が違うし、ニキビに効くと書いてあるから自分に効くというのは間違えで、

自分にあったスキンケアをいろいろ試してやって行くと良いのかもしれません。

皆さんも偏らずいろいろ試してみてくださいね。

肌荒れニキビがひどくなってきたからスキンケア

最近肌荒れニキビが出来てしまったのでスキンケアに力を注いでいます。

まず化粧水だけでは何も改善されなかったので、フェイスマスクを買ってきて、

普通の風などの時に使うマスクも買ってきて、お風呂上りの化粧水の時に、

化粧水をやってからフェイスマスクをつけてたれてくる液体を首やうなじになじませながら

マッサージをします。

フェイスマスクをした上に普通の口用のマスクをします。

その前にリップを塗りたくります。

スキンケア+リップケアの一石二鳥の美容法です。

マスクの重ね技をすることでフェイスマスクが乾燥するのを少しでも防ごうと思い、

思いついた方法です。

時間が経ったらマスクを外してさらに化粧水を塗ります。

これで保湿を万全にしてスキンケア終わり。

ではありません。

普通のマスクをして眠ります。

これらをやってだんだん良くなってきて肌の調子も上がります。

ただ、何よりも一番大切なスキンケアは睡眠です。

ゴールデンタイムは寝ましょう。

ねることが一番の肌への栄養です。

どんどん出てくる皮脂の塊、毛穴の白いツブツブを撃退

毛穴の白いツブツブ、そう、脂肪のかたまり。

指先で触るとザラザラ。

それが嫌でついタオルデゴシゴシしたり爪で引っ掻いたりしていました。

でも、肌を傷つけるだけで、少し時間が経つとすぐにまた再発するのです。

そこで、油分のない化粧品だけでさっぱりと仕上げていたのですが、

だんだんと肌はカサカサに、なのに白いツブツブはまだ出てくる。

なんだかお肌も固くなってきてしまいました。

そんなとき、教えてもらったのが逆に油分を与えてあげること。

肌に優しいオイル系の基礎化粧品を寝る前にも朝の洗顔後にも使用することにしました。

効果はすぐに現れました。

これまで悩んでいたのが嘘みたいにツブツブが減ってきたのです。

1週間もすると全然気にならなくなりました。

オイルってベタベタするイメージがありましたが、よく肌になじんで不快感もなくて、

それでいて肌が守られている安心感がありました。

肌に油分が足りないと、体が油分を出そうとしてしまうので顔がギトギトしたり、

毛穴から皮脂の塊である白いツブツブが出てきたり、

挙げ句の果てには吹き出物ができたりするのだそうです。

ほんの一手間のケアでお肌が健やかになって、本当によかったです。

お肌が整ったおかげで化粧ののりもよくなり、気分も晴れやかになりました。

永久脱毛した肌のための保湿スキンケアについて

私は1年半ほど前から永久脱毛に通っています。

脱毛するとムダ毛処理がなくなってとても楽なのですが、肌が若干乾燥してしまいます。

そこで、最近は保湿対策に力を入れています。

ボディーソープは今まで牛乳石鹸を使用していたのですが、

石鹸は洗浄力が強すぎるため、保湿力の高いヤギミルクの液状ボディーソープに変えました。

これはテレビでもよく紹介されているそうで、お店の最前列に特設コーナーがありました。

これを使うようになってから、お風呂上りすぐに何か塗らなくても、お肌がつっぱらなくなりました。

ボディーローションは、薬用のハンドクリームを塗るようにしています。

市販のボディーローションだと、香りと伸びの良さが重視されがちで、保湿力がいまいちです。

ハンドクリームを使えばかなり保湿力があるのでばっちりです。

最後に部分的なスペシャルケアとして、ヒルドイドクリームを使用しています。

これはかなりこっくりとした使い心地で、ひじやひざ、かかとに塗り込んでいます。

最後に面の手袋や靴下でカバーして終了です、このケアを始めてから、かなり肌が綺麗になりました。

季節により肌質も変わるので使い分けが必要

世の中には様々なスキンケアが出てます。

肌質や季節によって使い分けてます。

夏場は皮脂が凄いのでさっぱりしたタイプを使います。

さっぱりタイプは水と変わらないので、たくさん使ってると浸透力が違います。

また、紫外線の強い春から夏にかけてはさっぱりタイプにUVタイプが入った物を使用し、

紫外線対策を心掛けてます。

秋になるとさっぱりタイプでは物足りないので、しっとりタイプに切り替えてます。

量はサクランボ位使って肌の浸透力を高めてます。

また同時に肌の疲れが出やすいので、マッサージも心掛けてます。

冬になると肌がとても乾燥するので、保湿成分の物もプラスしてます。

時間が経つとどうしても肌が乾燥するので、気になったときにミストタイプを使い、

お肌の潤いを保ってます。

使い分けは大変ですが、季節により肌質は変わるので肌の事を考えると使い分けも悪くないです。

たくさんのスキンケアはありますが、自分に合ったものも使っていくのが一番です。

冬のスキンケア、どうしてますか?~化粧水のススメ~

冷たい外気や暖房のせいで、カサカサになりがちな冬のお肌。

皆さまは、どうケアしていますか?とにかく油分さえあれば!保湿クリームさえ

塗っていれば乾燥は防げるはず!…と、夏場は目もくれないようなお高いクリームを

買いに走った経験、皆さまにはありませんでしょうか?私はあります。

私の肌はもともとかなり油ギッシュなのですが、自分の肌から分泌される油なんて、

肌荒れの原因にこそなれ、肝心の保湿には何の役にも立ってくれないのです。

悲しい。

そんなわけで、せっかく買ったお高いクリームも私の場合は逆効果で、

テカテカ塗りまくった翌朝には、おでこに吹出物が出る始末。

油に油を塗ってるんだからそりゃそうなるか…とガッカリする私。

そこで、もういい!保湿なんてやめてやるよ!とヤケになった私は、

化粧水をイヤほど染み込ませたマスクだけを顔に貼りつけたまま、眠りについてしまいました。

するとどうでしょう、目が覚めた頃には、かつてない潤い肌。

化粧のノリもいい。

…そこではじめて気がついたのですが、

どうやら、私に足りなかったのは油分ではなく水分だったようです。

「クリームで保湿は完璧なハズなのに、何故か肌が荒れる」とお悩みの方は、

私のように、もしかしたらクリーム前の化粧水が足りないのかもしれません。

冬は、お肌も水を飲みたい時期なのですね。

乾燥が憂鬱な気節、スキンケアに悩んだら、肌から「もう飲めない…溺れる…」

という悲鳴が聞こえるまで、水分を浸透させまくるのはいかがでしょうか?

朝の洗顔が面倒なときには、泡パックを使ってみる

ときどき、朝の洗顔が面倒になることがあります。

自宅では洗面所と給湯スイッチが離れているために、

スイッチを入れてぬるま湯が出るようにしてから顔を洗うのが面倒なのです。

だからといって水を使うと、夏場でなければ冷たすぎます。

またコンディションによっては、普段使っている敏感肌用の洗顔料でも、

刺激が強すぎると感じることがあります。

そこで洗顔用のふき取り化粧水を使ってみることにしました。

使い方は、化粧水をコットンにたっぷり含ませて顔を軽く拭くだけです。

これなら面倒くさくなく、刺激も少なくてよいと思いました。

ところがその後に普段通りのスキンケアやメークをすると、数時間後に肌がひどくべたつくのです。

あまりにもべたついて気持ち悪い感じです。

朝の洗顔をどうしようかと悩んで、次に試してみたのは泡パックでした。

スプレー缶からピンポン玉大の泡を出して、顔全体に塗ります。

そして1-2分放置した後に、水またはぬるま湯で洗い流します。

使ってみたところ、洗顔料に比べて刺激が少なかったのがよかったです。

その後普段通りのケアやメークをしても、あまりべたつくことはありません。

そんなわけで、朝の洗顔が面倒に感じたときには泡パックを使うようにしています。

何度もリピートしているお気に入りの化粧水

私は2年ほど前からずっと同じ化粧水をリピートしています。

それは、無印良品の「敏感肌用化粧水(しっとりタイプ)」です。

シリーズにはさっぱりタイプや美白タイプ、オーガニックタイプなど、

商品展開が幅広いですが、私は断然しっとりタイプをおすすめします。

さっぱりタイプは本当にさっぱりしすぎていて、精製水を付けているような気分になります、

ほとんど保湿機能がありません。

しっとりタイプでも軽い付け心地なので、

オイリー肌の人にはぜひしっとりタイプを試してもらいたいです。

ニキビ肌にも、変にアルコールでスッとするものや、

角質をふき取るようなものより良いと思います。

また、何と言っても値段が安いのが最大の魅力です。

かなりの大容量なのに安いので、値段を気にせずがんがん使うことができます。

ちなみにオーガニックタイプは、ハーブのような香りが強いので、苦手な人も多いと思います。

美白タイプは値段が割高なのでおすすめしません。

季節によってスキンケア方法を変えています

若いころは年中同じスキンケア方法でしたが、

大人になってお肌の曲がり角もとっくに過ぎたので、

季節や天気によってこまめにスキンケア方法を変えるようになりました。

年中変わらないのは、クレンジングオイルと洗顔料だけです。

クレンジングオイルはj乾燥しがちですが、

メイク汚れを一度しっかり落とさないことには化粧水や美容液も効果を発揮できないと思うので、

クレンジングと洗顔だけは乾燥は気にせず使っています。

オイルクレンジングで奪われた水分を気にして、洗顔料は一応保湿タイプを使用している程度です。

季節で使い分けているものは、化粧水、保湿パック、美容クリームです。

春夏はさっぱりタイプの敏感肌用化粧水とオイルフリーの保湿クリームを使用しています。

秋冬は化粧水のかわりに大容量で格安の保湿パックを使用し、

保湿クリームのあとに目元やこじわ用に保湿力の高いヒルドイドクリームを使用しています。

オイリー肌なのでさっぱりタイプやオイルフリーの商品を選ぶようにしていますが、

秋冬は必ず保湿しています。

オイリー肌の人は市販の保湿系商品だとオイルでニキビができてしまうかもしれないので、

皮膚科で処方してもらえるヒルドイドでの保湿がおすすめです。

ヒルドイドでボディケアとエイジングケアをしています

私は最近、ヒルドイドを愛用しています。

ヒルドイドはヘパリン系の藥で、血行促進作用のある藥です。

皮膚科で処方してもらえて、値段は薬局の設定によりますが、

私の言っている薬局では300円ほどで購入できます。

朝晩使っても1本で2ヶ月はもつので、コストパフォーマンスに優れています。

また、脂漏性皮膚炎の人やアトピーの人にも使われていますし、

皮膚科で処方されるものなので、安心して使用することができます。

ヒルドイドにはクリームタイプとローションタイプの二種類があります。

私の場合、秋冬の顔とひじひざのボディケアにはクリームタイプ、

春夏の顔とオールシーズンの全体のボディケアにはローションタイプを使用しています。

クリームタイプは濃厚で、めもとケアにぴったりです。

ローションタイプはさらっと伸びが良いのに保湿力は高いので、広い範囲に使いやすいです。

安いのでハンドケアにも愛用していて、

クリームをしっかりめに塗って綿の手袋をつけて寝ると、翌朝には手がすべすべになります。

安くて効果も高いのでおすすめです。

顔と頭皮のためのスキンケアに力を入れています

私はオイリー肌のニキビ肌なので、

ずっとクレンジングの時はクレンジングオイルを愛用しています。

オイリー肌なこともあり、歳をとるにつれて頭皮もオイリーになってきて、

最近はにおいが気になります。

歩いていても自分の頭皮のにおいが分かるレベルになってしまったため、

ネットで対策を調べてみました。

すると、頭皮クレンジングが即効性があり効果的だということが分かりました。

頭皮クレンジングとは、専用のクレンジングクリームやオイルを使って

頭皮の毛穴のつまりを改善し、古い角質などの不純物を取り除くケアです。

顔と頭皮はつながっているので、頭皮もクレンジングが必要だということにとても納得しました。

クレンジング剤は、本来はヘアケア専用のものを使います。

しかし、椿油やあんず油が使えるそうなので、

顔用のものでも大丈夫なのではないかと検索してみました。

すると、顔用のクレンジングオイルでも、洗浄力が少し強めではありますが、

使用しても問題ないことが分かりました。

さっそくいつもメイク落としに使っているクレンジングオイルで試してみたところ、

1回で頭皮のにおいがなくなりました、やはり頭皮の油分や汚れが積み重なったにおいだったようです。

顔と頭皮はつながっているので、どちらも大切なスキンケアと考えて、

これからも定期的に頭皮クレンジングをしたいと思います。