ママですが最近お風呂上がりにパックができるようになりました

私は4歳1歳の子の母です。

夫の帰りは遅いので、私一人で子どもたちのお風呂、

ごはん、寝かしつけまで終わらせる毎日。

6時以降バッタバタ一人で頑張る日々。

お風呂上がりにスキンケアなんてやってられない、という日々がずっと続いていました。

子どもには保湿クリームベッタベタに塗れど、

自分はぱっとさっと水気を抑えて終了な毎日です。

ガッサガサですね。

そんな毎日ですが、下の子が自由に歩き回れるようになって、

お風呂も楽になり、今ではお風呂上がりにパックまでできています。

しかし、それ、遊びの一環なのです。

パックをした私は「しろ」というおばけ設定。

散々面白半分に怖がられ、慣れてきた頃には子どもたちから攻撃され、

「ママはどこにいるの〜?」とわざと質問をされたり。

しかし、まぁそんなリアクションにもめげず、お風呂上がりにパックをできる日にはやる!

と決めて実行すると、幾分か肌が明るくなったような。

そんな気がします。

子どもたちのリアクションにもめげず、お風呂後のパックを続けてみたいと思います。

化粧水のビタミンは私には合ってる?合ってない?

今日は友人のフェイシャルサロンに行ってきました。

もう通い続けて1年が経ちました。

今回は右頬のかぶれが気になってそこを重点的にしてもらいました。

かぶれの原因は恐らく化粧水のメーカーを変えたからかなぁと思い、友人に尋ねてみました。

やはりその化粧水の成分が原因でかぶれたんだろうという事に至りました。

その化粧水にはビタミンが入っていました。

よくビタミンが入ってる化粧水を使ってかぶれる方がおられるそうです。

私はサロンの後、そのビタミン入りの化粧水は使わないようにしました。

私の肌は敏感肌なので、やはり合わなかったんだと思いました。

サロンの後は、そのかぶれ部分はマシになりました。

皮膚も硬かったのが柔らかくなりました。

本当に嬉しかったです。

もう当分ビタミン入りの化粧水は使わないでおこうと思いました。

私は今は27歳ですが、肌のお手入れは本当に大切だなぁと思いました。

30歳も近づいてきたので、頑張りたいと思います。

継続は力なり!スキンケアは自分ルールを作って、楽しく!賢く!

スキンケアの基本は保湿ですね。

特に空気の乾燥する冬は、これでもか!というくらい保湿する人も多いでしょう。

私の場合、いざベースメイクを始めた途端、保湿が足りなかったかも!と思うときがあります。

本当は毎回コットンパックするのがいいのでしょう。

でも時間がなかったり、面倒に思ったりしてなかなか毎回やれないんですよね。

特に寒い季節の場合はパックするとひんやりするから余計に寒いんです!

これが毎回コットンパックができない一番の原因かもしれません。

そこで私はコットンパックしたらすぐにドライヤーをかけることにしています。

パックが落ちないようにするのが少し大変ですが、化粧水をたっぷり含ませれば大丈夫です。

もちろん下は向かないように!コットンパックが面倒な時はシートパックもいいです。

これもすごくひんやりするので夏場は最高です。

冬は背中のあたりからゾクゾクとふるえてしまうので、パックを顔にのせたら即ドライヤー。

寝癖直しをしつつ、保湿もできるし時間も短縮できるし、寒くないです。

自分なりに工夫しながら、継続してケアできる方法を見つけるのがというのが一番大切ですね。

肌の綺麗な82歳のおばあちゃんからの教え。

私の82歳になる祖母は、シワも少なく、同年代の方と比べて肌のはりがいいです。

そのお陰で実年齢よりも若く見られる事も多く、自慢の祖母です。

そんな祖母に美肌の秘訣を聞いたところ、スキンケアについてのこだわりを教えてくれました。

ずばり、高い化粧水や保湿剤を使うのではなく、

安い化粧水をバシャバシャとこれでもかとつける事だと。

「高いものだと勿体なくてなかなか沢山つけられないけど、安ければ思いっきりつけれるでしょ?」と言われた時、私は確かにと思いました。

祖母は高いスキンケア用品を使っている時期もありましたが、

あまり満足いかなかったようで、そのような結論に至ったとの事でした。

旅行へ行く時も、化粧水や保湿クリームをそのまま大きいボトルで持って出掛ける祖母。

私も祖母に聞いて以来、それまで使っていた、300ml/1600円の化粧水から、

300mlで600円位の安い化粧水に変えました。

やはり安いと思うとバシャバシャと惜しげも無く使えます。

化粧水を変える前は、化粧品コーナーでの美肌で「油分過多、水分不足」で、

実年齢より15歳以上上の年齢肌出会ったのが、化粧水を沢山使う様になってからは

「水分量も多くて、最適なお肌」となり、実年齢よとほぼ変わらなくなりました。

高いスキンケア用品を使っていても満足できない方、

または「テレビでCMしているような高い化粧水は買えないわ」という方は

是非試してみてください。